在宅介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットを紹介

在宅介護が良いのか、施設介護が良いのか、身内に介護が必要な人がいると、必ず発生するこの悩み。

よく『施設に入れるなんて冷たい事できない!』という声を聞いたりしますが、実際にはどちらが良いのでしょうか。

今回は高齢者自身の目線、家族の目線から考えていきましょう。

広告
広告

在宅介護のメリット・デメリット

家族団らんの様子

まずは在宅介護から。

在宅介護とは、介護が必要になった方が家で介護を受けながら生活している状態です。

もちろん、ヘルパーさんを利用したり、デイサービスを利用していてもこちらに該当しますね。

では、在宅介護のメリット・デメリットとは一体何なのでしょう?

在宅介護:高齢者のメリット

元気なおばあさん

在宅介護を選択する人の多くは今まで住んでいた家で生活を続ける事になります。

なので、

・慣れ親しんだ場所で生活できる
・家族と接する時間が多い
・知らない人に介護される時間が少ない
・自分の自由に時間を使える。(介護プランを組み変えれる)

などのメリットがあります。

ある程度元気な状態の人であれば、訪問介護やデイサービスで少しの介護サービスを受けるだけで、家族にはほとんど頼らずに在宅介護を続けているという高齢者もみえます。

高齢者目線の在宅介護のメリットをまとめると『自分自身のスタイルで生活を続けられる』といったところでしょう。

在宅介護:高齢者のデメリット

在宅介護のデメリットな部分は

・近所の人の目が嫌だ
・家族へ迷惑をかけていると感じてしまう
・食事や排泄、入浴などをケアマネージャーと相談しながら手配しなくてはいけない
・一人の時間が多い。孤独
・何かあった時に自分でなんとかしなくてはいけない

などなど。

家に一日中、誰かがいてくれるのであればいいかもしれませんが、在宅介護を選択した場合は介護サービスを利用していたり家族がいる時間以外は一人になりがち。

そんな時に何かあった場合には、介護が必要な身体といえど、自分でなんとかしなくてはいけません。

高齢者目線の在宅介護のデメリットをまとめると『何かあった時に怖い。自分のことは自分でしなくてはいけない大変さ、家族への申し訳なさや孤独感などがある』といったところでしょう。

在宅介護:家族のメリット

おじいさんの最期を看取った家族

在宅介護を選択した場合、家族のメリットな部分は

・祖母、祖父と一緒に生活ができる
・自分達で介護ができる
・費用が安い
・最後の時を一緒に迎えられる可能性が高い

などなど。

自分のおじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、お父さんにあたる人を施設に預けるのではなく、自分達家族で優しく介護してあげたい。と考える方は多いと思います。

とても大事な考え方ですし、在宅介護は家族からすれば、親孝行ができる最後のタイミングというようなイメージかもしれませんね。

家族目線の在宅介護のメリットをまとめると『介護を通して今までの感謝をしっかりと伝えながら一緒に生活を送っていける』といったところでしょう。

在宅介護:家族のデメリット

在宅介護の家族のデメリットとしては、

・24時間介護が必要な身内が家にいる
・認知症などの状態によってはかなりハードな在宅介護になる
・仕事のスタイルを変えなくてはいけない場合も
・何かあったときの責任がある

などなど。

自分の身内だからこそ、認知症などで今までとは人が変わったようになってしまったなどの時にショックが大きいと思います。

夜間のオムツ交換だったりが必要な場合だと、睡眠サイクルなども崩れてきますし、仕事にも支障がでるかもしれません。

家族目線の在宅介護のデメリットをまとめると『24時間介護の大変さ、生活スタイル変更の可能性、責任感の重圧などが常にある』といったところでしょう。

施設介護のメリット・デメリット

施設介護は在宅介護とは違い、施設入所という形をとって、主に施設で生活している状態のことです。(参考:【病院・特養・老健】施設入所の時に必要なものとは!

介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどに入所している状態ですね。

では、施設介護のメリット・デメリットを紹介していきます。

施設介護:高齢者のメリット

車椅子で介助を受けるおばあさん

施設介護を選んだ場合、ある程度の規則の上で生活を送りながら、専門知識を持った様々な職種のスタッフに介護をしてもらうことになるため、

・栄養管理がしっかりしている
・生活リズムが整う
・集団生活なので寂しさがまぎれる
・安心して安全に生活が送れる
・家族への介護負担が少なくなる

などのメリットがあります。

自分や家族、定期的なサービスだけでは生活を送るのが厳しかったり、一人で孤独な生活を送るのが嫌な人にとっては施設介護というのはとても助かる選択肢ですね。

高齢者目線の施設介護のメリットをまとめると『親族に介護の負担をかけずに、三食食事付き、寝床あり、お風呂あり、常に見守られている安心あり』という至れり尽くせりなところでしょう。

施設介護:高齢者のデメリット

高齢者目線の施設介護のデメリットとしては、

・施設から勝手に出られない
・集団生活に向いてないと辛い
・家族と過ごせる時間が少ない
・家と違って自由がきかない

などなど。

施設介護は家で生活するのとは違って、施設の中でシェアハウスのように集団生活を送ることになります。

もちろん部屋はありますが、食事は皆で決まった時間に食べなくてはいけない。トイレも誰かが使っていたら待たないといけない。などの集団生活ならではのジレンマを感じることでしょう。

一人で自由に出かけてしまうことはできない施設が多く、家の時と同じように近くのコンビニにふらっと出かけることはできなくなります。

高齢者目線の施設介護のデメリットをまとめると、『安全ではあるけど、その分いろいろなルールで拘束される窮屈さを感じる』といったところでしょう。

施設介護:家族のメリット

手をつなぐ女性とおばあさん

施設介護を選ぶことでの家族のメリットは、

・介護の大半を施設にお任せできる
・生活、仕事のスタイルを変えなくていい

などなど。

『施設にあずける』という言い方をされる方が多いように、施設介護の場合はほとんどすべての介護を施設のスタッフがしてくれます。

家族が関わらなければいけない場面といえば、何かあったときの病院受診や定期的な面会、施設側とのやり取りくらいでしょう。

家族目線の施設介護のメリットをまとめると『介護の負担に悩まされることが少なく、今までどおりの生活を送りやすい』といったところでしょう。

施設介護:家族のデメリット

施設介護の場合、家族のデメリットは

・費用が高い
・祖母、祖父と一緒に生活ができない
・最後の時を一緒に迎えられない可能性がある
・施設に丸投げという後ろめたさ

などなど。

一概には言えませんが、施設介護は施設のスタッフさんが介護を一手に引き受けてくれる分、費用が高くなりがち。

年金がしっかりと入ってくる高齢者であれば問題ないかもしれませんが、そうでない方もいるのが実状。施設費用の面では悩まされることがあるかもしれません。

そして高齢者自身は施設での生活を送ることになるため、親戚などから『自分達で介護をしないという選択をした』と思われてトラブルになってしまう場合もあり、後ろめたさに悩まされる方も多いようです。

家族目線の施設介護のデメリットをまとめると『介護の負担が少ない分、金銭面の負担と身内を施設へ入れた後ろめたさがある』といったところでしょう。

結局どちらが良いのか?

家族団らんの様子

在宅介護と施設介護、どちらにもメリット・デメリットがあるため、どちらを選べば正解なのかなかなかわからないですよね。

私の個人的な意見ですが、

家族で介護を続けていくと追い詰められてしまうようなら施設介護

家族で介護を続けていける余裕があるなら在宅介護

オススメします。

なぜなら今の日本は超高齢化社会です。そして施設の数には限りがあります。

在宅介護ができる人達が、在宅介護を選択せずに施設入所ばかりを選択してしまったら、どうなってしまうでしょうか?

・施設が足りない
・介護士が足りない
・資金が足りない
・税金を払う若者が足りない

悪循環が続き、介護保険が成り立ちません。

なので、訪問介護や訪問入浴、介護用品のレンタル、便利な介護用品(着せやすい介護服や自助食器)などの様々なサポートを利用しながら、在宅介護を続けていけるようならそちらを選択して頂いたほうがいいと思います。

しかしながら、無理して在宅介護を選択するのも考えようなのです。

・在宅介護を続けるために仕事をやめる。
・お金が足りない。
生活ができない。

そんなことになってしまっては元も子もありません。

・家でみてあげたい
・面倒だから施設に入れたい

在宅介護か施設介護かをそういった気持ちだけで考えるのではなく、自分達のこれからの生活をよく考えて選択をして頂ければと思います。

【在宅介護と介護施設】費用はいくら違ってくるの?や、在宅介護の費用が心配!年金だけでまかなえる?も参考にしてください。

最後まで閲覧ありがとうございました!

投稿者プロフィール

かめしめ
かめしめ
いつも閲覧ありがとうございます。

介護福祉士歴6年目。
介護の専門学校を卒業し、現役で介護施設に勤務しています。

ライター歴5年目。
主に雑記記事やまとめ記事をブログで投稿をさせて頂いています。

私の介護の知識が、在宅介護で困っている方達の助けに少しでもなれればと思います。
広告
広告
トップへ戻る