家で専門家の指導のもとリハビリができる!訪問リハビリとは?

交通事故から脳梗塞まで、様々な疾患やトラブルが原因で整形的な不自由が継続しており、ほっておくと硬直・あるいは弛緩してしまうといったことが予測される場合、リハビリが必要になることは多くの方がご存知かと思います。

しかし、専門職の方が訪問してリハビリをしてくれるサービス、訪問リハビリが存在することをご存知でしょうか。ここでは、訪問リハビリの開始方法や費用、具体的なサービス内容など、訪問リハビリとは何か?について紹介していきます。

広告
広告

訪問リハビリを知る

笑顔で手を繋ぐおばあさんとお姉さん

訪問リハビリとは

訪問リハビリとは?をざっくりと書くと、家で介護している方の心身機能の維持や回復を目指すために必要な療法やリハビリのことです。

詳しく知りたい!という方は以下を参考にしてください。

居宅要介護者について、その者の居宅において、その心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーション

参考:訪問リハビリ

訪問リハビリの担当者

訪問リハビリに来てくれる方は

・理学療法士

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

参考:日本理学療法士協会

・作業療法士

入浴や食事など日常生活の動作や、手工芸、園芸及びレクリエーションまであらゆる作業活動を通して、身体と心のリハビリテーションを行う専門家です。 理学療法士と異なる点として、作業療法士はそううつ病及び摂食障害などの精神障害の患者さんも対象としており、幅広くリハビリテーションの医療現場で活躍しています。

参考:彰栄リハビリテーション専門学校

・言語聴覚士

言語や聴覚、音声、認知、発達、摂食・嚥下に関わる障害に対して、その発現メカニズムを明らかにし、検査と評価を実施し、必要に応じて訓練や指導、支援などを行う専門職である。

参考:言語聴覚士

といった、各専門の知識を持つ方が、指定訪問リハビリテーションに必要な設備及び備品等を備えている病院、診療所又は介護老人保健施設より、主治医の指示のもと対応して頂けます。

訪問リハビリの対象者

訪問リハビリを受けるには、以下の条件のどちらかに当てはまる方になります。

・要介護1~5と認定された方
(要支援1、2の方は介護予防訪問リハビリの対象)

・主治医から訪問リハビリを利用する必要があると指示されている方

また、厚生労働省の訪問リハビリから、みんなの訪問リハビリの平均利用回数や平均訪問時を以下に掲載します。

平均利用回数(月) 7.1回
平均訪問時間 42.1分
訪問リハビリが必要となった原因の傷病 脳卒中(39.1%)
骨折-圧迫骨折含む(22.6%)
廃用症候群(20.4%)

訪問リハビリの費用

訪問リハビリの費用は、基本サービス費にその他のサービスの加算によって決定します。

基本サービス費

1回(20分以上):302単位

・40分連続してサービスを利用した場合は、2回として算定可能
・1週に6回を限度
・利用者の状態に応じたサービス提供や事業所の体制に対する加算・減算があり

その他のサービス費

短期集中リハビリテーション加算:200単位/日
リハビリテーションマネジメント加算 I:60単位/月
リハビリテーションマネジメント加算 II :150単位/月
社会参加支援加算 :17単位/日
介護福祉士や常勤職員等を一定割合以上配置:6単位/回

どのようなタイミングで加算されるのか?については、加算減算の種類についてをご覧ください。

訪問リハビリを受けるには

1.担当のケアマネージャーに連絡
2.ケアマネージャー、サービス提供事業者とケアプランの作成

以上の2ステップでサービスを開始することができます。担当のケアマネージャーに連絡を入れてからの詳細な流れについては、以下を参考にしてください。

1.担当のケアマネージャーに連絡
2.ケアマネージャーからサービス提供事業者へ連絡
3.サービス提供事業者から利用者の主治医へサービス提供の許可を連絡
4.ケアマネージャー、サービス提供事業者とケアプランの作成

訪問リハビリのサービス内容とは

「訪問リハビリの担当者は分かったけれど、実際のサービス内容はどんな感じなんだろう」と疑問を持つ方に向けて、訪問リハビリの概要を、日常動作と機能訓練に分類してみていきましょう。

日常動作のリハビリ

生活していくうえで大切な衣・食・住のどのシーン1つでも動作に困難があれば、療養はとても大変です。食事・着替え・排泄・部屋の中を工夫して歩くリハビリ・家事をする動作のリハビリ。また、利用者を直接介護する介護者への介助方法のアドバイスもしてくれます。

実際に家の中を一緒に歩いたり、着脱介助を行いながら、1人で着替えるときのコツを指導してくれるなど、実践を交えてサポートしてくれます。

機能訓練のリハビリ

実際に家の中のソファーやベッド上などで、機能訓練を行います。たとえば脳梗塞で拘縮がある方には、少しでも拘縮が和らぐよう、関節や筋肉を動かす指導をしたり、脳の言語中枢に病変がることが原因でうまく喋れない方には、言語視聴覚士が発音の指導を行います。

また変形性膝関節症等で歩行に痛みがあったり、すり足になってしまい転倒の危険がある方にも、運動機能低下を抑止するため、運動指導を行います。専門家から、骨や筋肉、神経に関するアドバイスがあり、利用者の痛みや辛い気持ちに傾聴してくれます。

まとめ

訪問リハビリとは?について、紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

訪問リハビリでは在宅介護をしている家族への、介助に関するアドバイスも行っています。条件さえ揃えばいつでも申請できるサービスになりますので、是非、ご利用を検討してみてください。

その他、介護関連の情報として

【金銭】訪問介護では要注意!お金を巡る事件3選と予防策とは

【週2回!?】高齢者の適切なお風呂の頻度ってどれくらい?

【在宅介護で注意】「私って介護うつ?」その原因や対策とは?

介護で起こる腰痛を軽減させよう!腰痛軽減グッズや介助方法まとめ

【介護とは】結局何するの?理想的な介護ってどんなもの?

なども参考になるかと思います!

介護に関する多くの知識を身につけて、在宅介護を乗り切っていきましょう!

広告
広告
トップへ戻る