訪問看護と訪問介護の違いとは?利用者視点での違いまとめ

例えば病院で長期入院し、退院した後も自宅療養を続けなければならない。その際に、医療行為を必要とする場合、訪問看護が利用できます。ですが、訪問看護とは一体どのようなサービスなのか。

以前紹介した訪問介護とどこが違うのか。具体的にふれてみましょう。

広告
広告

訪問看護と訪問介護の違い一覧表

定義の比較

訪問看護
訪問介護

訪問看護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の心身機能の維持回復などを目的として、看護師などが疾患のある利用者の自宅を訪問し、主治医の指示に基づいて療養上の世話や診療の補助を行います。

出典:厚生労働省

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。 通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助サービスを提供する事業所もあります。

出典:厚生労働省

 サービス内容の違い

訪問看護
訪問介護

・薬剤やスチーム吸入
・導尿、カテーテル管理
・注射、点滴、採血
・床ずれ処置
・摘便、人工肛門処置
・在宅酸素療法
など

・家事援助全般
・入浴介助
・排泄介助
・身体整容
・体位変換
・移乗、移動介助
など

担当者の違い

訪問看護と訪問介護、どちらも訪問して頂くのに変わりはありませんが、来られる方の職などは異なります。

訪問看護
訪問介護
・保健師
・助産師
・看護師(准看護師含む)
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

介護職員初任者研修終了
(旧:ホームヘルパー2級研修相当)

対象者の違い

訪問看護と訪問介護では、サービスを受ける対象者も異なってきます。
訪問看護は介護保険と医療保険で対象者が変わるため、今回は介護保険の対象者を記載します。

訪問看護【介護保険】
訪問介護

・要支援1~2、要介護1~5と認定された方(65歳以上)

・要支援1~2、要介護1~5で特定疾病と認定された方(40歳以上65歳未満)

・要介護1~5と認定された方
(要支援1、2の方は介護予防訪問リハビリの対象)

・主治医から訪問リハビリを利用する必要があると指示されている方

2つのケアにはしっかり線引きがされている

ここまで、訪問看護と訪問介護の違うところを、一覧表として見て頂きました。見て頂いてわかるように、2つのケアにはしっかりと線引きがされています。

訪問介護員はおむつ交換や体位変換、体拭き等の身体介護はできますが、褥瘡(床ずれ)の処置や消毒といった医療行為は訪問看護の看護師の業務となっています。

また、訪問介護員は医療行為が禁止されているため、耳掃除にしても見える部分のみの掃除で、巻き爪や爪白癬(水虫)に感染している爪を切ってはいけないことになっています。

しかし、このように説明していくと、在宅介護においては訪問看護員の方が訪問介護員よりも優秀な印象に思えるかもしれません。しかし、実際の利用者やその家族からの相談事をよく受けるのは、ケアマネージャーに次いで訪問介護員が多く、訪問看護員には、生活面での悩み事は話しにくいのが現実。

介護を必要とする方を在宅でケアしていくにあたって、訪問介護も訪問看護もなくてはならい存在なのです。

その他の介護関連の情報として

家で専門家の指導のもとリハビリができる!訪問リハビリとは?

【金銭】訪問介護では要注意!お金を巡る事件3選と予防策とは

【週2回!?】高齢者の適切なお風呂の頻度ってどれくらい?

【在宅介護で注意】「私って介護うつ?」その原因や対策とは?

なども参考になるかと思います!

介護の知識をしっかりとつけて、在宅介護を気持ちよく乗り切りましょう!

広告
広告
トップへ戻る