認知症によって症状が違う?アルツハイマーだけじゃない認知症の種類

多くの方が認知症と聞くと、アルツハイマー型認知症をイメージするかと思います。しかし、アルツハイマー型認知症以外にも、様々な認知症があることをご存知でしょうか。

そこで今回は、多くの方が知っているアルツハイマー型認知症から、あまり知られていない認知症の種類について、症状とともに紹介していきます。

広告
広告

認知症の種類

認知症とは、記憶や判断力に障害が起きている状態のことをさしており、それそのものが病名をさしている訳ではありません。

例えば、多くの方が知っているアルツハイマー型認知症とは、アルツハイマーと呼ばれる、脳全体が委縮する病気によって、記憶をつかさどる部分などに影響がでることで、物が思い出せないなどの認知症状が現れるため、アルツハイマー型の認知症と呼ばれています。

また、認知症には罹患率の多い四大認知症と呼ばれるものがあります。四大認知症は、認知症患者の9割を占めていると言われています。以下に四大認知症を紹介します。

・アルツハイマー型認知症
・血管性認知症
・レビー小体型認知症(れびーしょうたいがたにんちしょう)
・前頭側頭型認知症

なお、四大認知症以外にも、認知症には以下のような種類があります。

・若年性認知症
・アルコール性認知症
・正常圧水頭症(NPH)
・まだら認知症

その中でも今回は、全体の9割を占める四大認知症について、どういった症状があるのか?を紹介していきます。

アルツハイマー型認知症

ベンチにぐったりと座り込む老人

アルツハイマー型認知症は、我が国の認知症の約40%を占めており、最も罹患率の多い認知症です。脳全体が萎縮するもので、その原因は未だに明らかになっていません。

また、糖尿病や高血圧を有する高齢者にアルツハイマー型認知症に罹患する率が高いことから、これら生活週間もアルツハイマー型認知症の危険因子であると言われています。

アルツハイマー型認知症の初期

その発現時期を特定できないほどゆっくりと出現するため、早期の発見が難しいのが特徴です。また、その進行も非常に緩やかです。

初期では、最近の記憶が障害される(月日の感覚が不確か、夕食の準備や買い物で失敗する等)ものの、遠い過去の出来事は思い出せる場合が多いです。

アルツハイマー型認知症の中期

中期までは麻痺や感覚障害はありませんが、着衣ができなくなるなどの症状が出て、一部の日常生活動作(食事、着替え、移動、排泄、入浴等)が損なわれます。例えば、近所以外で迷子になる。買い物を一人でできない、自動車を安全に運転できなくなるなど…

この頃には言葉が出なくなる、他人の言葉を理解できないなどの症状(失語症)も出現し、会話にも深みがほとんどなくなり、複雑な会話などは理解するのが難しくなります。

アルツハイマー型認知症の後期

後期にはほとんどの日常生活動作に介助を要するようになり、身体機能の低下が著しく現れます。

関節の屈曲・拘縮が加わり、寝たきり状態に陥りやすいです。例を挙げれば、配偶者や子どもの顔が分からない、家のなかでも迷子になる、失禁するなどです。

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害に付随して、現れる認知症です。高血圧をはじめ、糖尿病、心筋梗塞の経験や、狭心症などは脳血管障害の危険因子であり、脳血管性認知症の予防の観点からもその管理は重要です。

症状は多種多様で、多くの場合、発症初期にめまいや頭が重い、しびれ、疲れやすいなどの身体症状が出ます。本人は病識(病気のことを認識している)があり、人格が保たれていることがあります。

進行すれば、記憶障害や見当識障害に伴う混乱が出て、日常生活動作が行えなくなります。着替え、入浴、身の回りの整理が難しくなり、便失禁等も見られます。

レビー小体型認知症

街中を徘徊するおじいさん

欧米では認知症の原因疾患としてアルツハイマー病に次いで二番目に多いといわれています。

特徴としては、進行性の認知機能の障害、中核症状として以下などがあります。
(中核症状とは何か?については、認知症の中核症状と周辺症状とは?をご覧ください

①注意や覚醒レベルの変動を伴う認知機能の動揺
②現実的で詳細な内容が繰り返し出現する
幻覚
(人や小動物など。内容は具体的で、繰り返す)
③パーキンソン症状
(手足が震える、動きが遅くなる、筋肉の強張り、小刻み歩行など)

前頭側頭型認知症(ピック病)

40~60代と比較的若い世代が発症します。特徴としては、情緒障害・人格障害・異常行動があります。例えば、さっきまで笑っていたら突然泣き出してしまうなどの情緒が不安定になったり、温和だった人が怒りっぽくなるなどの人格障害などです。

異常行動の具体例としては、窃盗を繰り返す、他人の家に勝手にあがるなど、社会生活を送ることが困難な行為を取るようになることがあります。

まとめ

ひとえに認知症と言っても、その種類は様々。

当記事では紹介していない種類の認知症もあります。
「最近、物忘れが多いな」と感じたら早めに精神科、認知症外来、もの忘れ外来などを受診し、認知症の進行を遅らせるなどの対策を取りましょう。

認知症となった際も、専門家の意見を聞いてから、どのように対処するのか充分に検討することが重要だといえます。

健康的な日々をおくるための、認知症を予防する3つの方法も参考にしてください。

広告
広告
トップへ戻る