【高齢者のおしゃれ】おしゃれは健康にも良い効果が!?

突然ですが、おしゃれが高齢者の健康に良いって知っていましたか!?

歳をとるごとに様々なことができなくなり、自信を無くしてしまい、段々と家に引きこもってしまう高齢者はとても多いです!
外出する機会が減れば当然、運動することもなくなり、だんだんと不健康になってしまいますよね・・・。

でも実は、そんな大問題を簡単に解決してくれるのがおしゃれなのです!!

というわけで今回は、高齢者のおしゃれがもたらす健康効果と高齢者へのおしゃれの勧め方をいくつか紹介します!

広告
広告

おしゃれをすることで健康的に!?

にっこりと笑うおばあさん

冒頭でも紹介しましたが、高齢者になってくると体力が低下してしまい、介護を必要とするシーンが増えてきます

家から出なければうつ病にもなりやすく、体を動かさないことで体の免疫力もどんどん下がり調子に・・・。

でも祖父や祖母がそんな風に衰えていくのは嫌ですよね。

そこで、すべての高齢者にオススメしたいのがおしゃれなんです!!

おしゃれって若いときでもそうですが、自分の好きな格好をすることで心を前向きにし、人と話したり外出をする機会を生み出してくれるものではないでしょうか?

できることが減ったことで、自信をなくしてしまっているとしても、おしゃれは服を着替えたり、ちょっとしたワンポイントのアイテムを身につけるだけでできる行為です。

自分の好きな服を選んだり、みんなから羨ましがられるようなおしゃれなアイテムを持つことでポジティブな気持ちになってもらう効果が期待できます。

そう!おしゃれは高齢者が無くしてしまっている活気を取り戻すのに最適なのです!

例えばですが、

・今日はどんな服を着ようか?と悩むだけで楽しい。

・おしゃれな自分に自信が持てる。

・人と話す機会が増える。

・積極的に外出ができるようになる。

・何回も着替えることで体を動かすことが多くなる。

・服の組み合わせを考えるという行為が頭のリハビリになる。

このような健康効果が期待できます!

着替えや外出をすることで体の筋肉を使うことにより筋肉の衰えを防止し、
ポジティブな気持ちを持つことでうつ症状の改善などにも繋がるかもしれません!

人と話したり、何を着ようかな?とおしゃれな組み合わせを考えることで物忘れなどを予防することにもつながりますよね!

どうでしょう?高齢者におしゃれをしてもらうのに、悪い要素が見当たらないですよね!

高齢者のおしゃれ!化粧療法!

ここまで紹介してきたおしゃれ療法、実はお化粧でもオッケーなんです!

お化粧は気持ちを明るくしたり、気持ちを引き締めたりする効果が期待できますし、

一言でお化粧といってもコンシーラーやファンデーション、口紅などの様々なものを使います。

化粧品を選んだり実際に手を動かすことで、洋服選びと同じように物忘れの予防などにもつながります。

昔の記憶を思いだすきっかけにもなるかもしれませんね!

簡単なおしゃれからでもOK!

ドライブを楽しむおじいさんとおばあさん

歳を取ると背中が曲がったり、車いすが必要になったりと、服装すべてのおしゃれは困難という高齢者も多いかと思います。

そこで、全身をコーディネートしてもらうという風に考えるのではなく、帽子やマフラーなど簡単に身に着けられるものからおしゃれを楽しんでみてもらってはいかがでしょうか?

普段から使っているひざ掛けなどを地味な色から明るいものに変えたり、気に入る色を探してもらうだけでもおしゃれを楽しんでもらえますよね。

高齢者へのおしゃれの勧め方!

お化粧や洋服のおしゃれの勧め方としては、
家族で一緒に、大型ショッピングモールやデパートに一緒に出かけないか誘ってみるといいかもしれません。

高齢者の服だからといえど、いきなりシニア服専門店に連れて行かれたら、ちょっと気分はよくないと思います!

近所の喫茶店や公園、スーパーなど、地元の人が集まるような交流場に誘ったついでに『知り合いと会うかもしれないよ』と伝えて、眉毛をかいたり、口紅を塗ってもらっても良いでしょう。

白髪染めを買ってきて、白髪を染めるというちょっとしたおしゃれを勧めるのも、高齢者にとっては始め易いかもしれません。

外出事態を嫌がる高齢者には『昔の化粧はどんな風だったの?』などと質問して、教えてもらいながら一緒に化粧をしてみるのもいいですね。

家族にネイルができる人がいれば、爪をきれいにしてあげるとかでもいいですね。

すごーくおしゃれを嫌がる人への勧め方としては、家族の誰かへのプレゼント選びや、日用品を選んでもらうついでに雑貨店へ寄ってみる良いでしょう。

おしゃれといっても、高い服装を無理してきたりするようなおしゃれではなく、身だしなみへの気遣いを、いつもより少ししてもらうといった気持ちで勧めてみると成功するかもしれません!

まとめ

いかがでしたか?

今回は高齢者がおしゃれをすることの健康効果やおしゃれの勧め方などについてまとめてみました。

高齢者だって私達と同じように、普段から使うものを明るいものに変えたり、おしゃれな帽子やマフラーを取り入れるだけで前向きに楽しい気持ちになれるはずです。

おじいちゃんおばあちゃんの外出が減ってきたな。最近元気がないな。と感じたら、おしゃれを勧めてみてはいかがでしょうか?

もちろん、いきなり『おしゃれをしよう!!』では失礼なので、

『いつもよりちょっと良い格好して、〇〇〇へ出かけようよ』なんて誘い方をすると良いですね。

娘や息子からの誘いは断るという高齢者でも、孫からの誘いは大抵オッケーしてもらえます。

いざというときは孫から誘ってもらいましょう!

もし、着脱に介助が必要であれば、着脱介助方法の基本を知ろう!着患脱健?迎え手とは?や、【着脱介助】かぶりの上着服と前開きの服の着脱方法を解説!も参考にしてください!

最後まで閲覧ありがとうございました。

投稿者プロフィール

siki
学生時代に障害者になり
病気の治療と自立を両立するためにフリーランスとして活動をしています。
現在は、webライターをメインに
チラシ作成を中心としたイラストレーター
英語の翻訳を始めています。
広告
広告
トップへ戻る