【着脱介助】ズボンと浴衣の着脱方法を分かりやすく解説します!

「どうせ家の中にいるんだから」

と、着替えることを怠るのはお勧めできません。

場所や時間によって着る服を替えることで、清潔感を保つだけでなく、介護される方の生活リズムを作ることもできるのです。

ここでは、ズボンや浴衣の着脱方法を、基本を踏まえて順に見てゆきたいと思います。ご自身で介助される人を思い浮かべて、頭の中でシミュレーションしながら読んでください。

※上着の着脱方法は【着脱介助】かぶりの上着服と前開きの服の着脱方法を解説!をご覧ください。

広告
広告

ズボンの更衣『穿く』手順

オシャレなおじいさん

座りながら着替える場合、両足裏を床につけて安定した状態で座っていられることが前提となります。座るのが不安定だと転落するなど怪我をする危険がありますので注意が必要です。座れない場合は寝たまま着替えた方が安全かも知れません。

また、着脱介助時には必ず着患脱健を意識して行いましょう!

座ってズボンを穿いてもらう際の手順

怪我をしないようにしっかりと椅子やベッドなどに腰かけてもらった状態で、以下の項目を順に対応していきます。

1.介助者はズボンの足を通しやすくするため、患側(麻痺や拘縮など)の方の裾から手を通して手繰っておく
2.患側の足先をつかんで足首までズボンを通す
3.健側(麻痺や拘縮などが無く健康)の足も足首までズボンを通す
4.左右とも太ももまでズボンを上げる
5.立ち上がれる場合は、手すりなどをつかんで立ってもらい、ズボンを引き上げます。立ち上がりが困難な場合は、介助される人に片方ずつおしりを浮かせてもらいながら、ズボンを上げていきます。一気に引き上げるのではなく、何度かおしりを上げてもらって引き上げていきましょう。

介助される人の具合に合わせ、過剰介護とならないよう、介助する量を調節してください。

また、寝ながらズボンを穿く場合も基本手順は同じです。ズボンを引き上げる時に腰などをあげてもらうことで、介助する人の負担を減らすことができます。

ズボンの更衣『脱ぐ』手順

続いて、ズボンを脱ぐ場合の手順を見ていきましょう。

立つことができる場合

手すりなどを持ってしっかりと立ってもらい、足首の辺りまでズボンを引き下げておきます。そうしておいてから座ってもらい、健側の足から脱いでもらいましょう。

立つことが困難な場合

まず、介助される人にしっかりと座ってもらいます。介助される人に片方のおしりを浮かせてもらいながら、おしりからズボンを脱がせます。もう片方も同じように行なっていきます。

1.ズボンのウエスト両端を持ち、交互に手繰るように、ゆっくりと脱がせる
2.足首までズボンを下げたら、健側の足から片足ずつズボンを脱がせる

寝たままの場合も同じです。腰の辺りから左右交互におしりを脱がしてずらしていき、そのまま足から引き抜いてください。身体の状態に合わせて、介助される人に協力してもらいながら行うことで介助する人の負担を減らすことができます。

寝ている方に浴衣を『着せる』手順

おじいさんを介助する女性

浴衣は、寝て過ごされる人には、脱ぎ着しやすい服となります。また、肌触りも良く、ズボンと違ってウエスト部分の違和感もないため、着る側も快適な着物だと思います。さらに、介助する側にとっても、オムツの交換時にズボンの上げ下げがない分、ストレスなく行うことができます。

1.介助者は浴衣の袖を通しやすくするため、患側の袖口から手を入れて袖を手繰っておく
2.介護される人の患側の手を包み込むように握って袖を通し、肩の部分まで着せる

この時、中表になるような感じで、浴衣を背中の中心までクルクルと巻いておきます。浴衣の真ん中が身体の真ん中(首の後ろで合わせます)に来るようにしておくと、何度も調節しなくて済みます。

3.患側に身体を傾けて、巻いていた浴衣を広げるようにを引っ張る

高齢者の皮膚は傷つきやすいので、無理に衣類を引いたりすると、剥離の原因になるので、優しく細心の注意を払いましょう。

4.健側の腕を通し、肩まで着せた後、背中の下にシワやタルミが残らないように調える
5.股の下から背後の浴衣を引っ張る

背中で衣類がシワになったまま長時間寝ていると、床ずれの原因になるため、5の手順はしっかりと行うようにしましょう。

寝ている方の浴衣を『脱がす』手順

続いては、浴衣を脱がす時の手順になります。

1.袖を脱がせるために、肩の部分を脱ぐようにずらす
2.健側の反対側に体を傾け、健側の腕を袖から抜きます。

例えば、右が健側だとすれば、身体を左に傾けて脱がしてゆくということです。
患側の腕も同じように行なってください。

また、脱がせた浴衣は内向きにクルクルと巻いてゆくことで、皮膚から出た汚れが落ちないようにすることができます。

まとめ

ズボンや浴衣の着脱方法を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

着脱介助は毎日必要になってくるもの。正確に行うことで、介護する人、される人の負担を軽減させることができます。

また、介護が必要な人へ専用に作られた介護服なるものも存在しますので、ご興味のある方は、介護服の作り方もご覧ください。

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

【老人ホームへ入る!】高齢者の服装はどんな服がいい!?

【高齢者のおしゃれ】おしゃれは健康にも良い効果が!?

広告
広告
トップへ戻る