この人何をする人?在宅介護に関係する職業とその仕事内容とは

在宅介護は様々な職種や家族が一つのチームとして行っていくものです。ヘルパーさん以外にも様々な専門家が、在宅での高齢者の生活を支えています。

また、同じ内容の支援であっても、医療と介護の優先順位も存在します。そんな在宅介護に関係する職業とその仕事内容を紹介していきますので、ご参考にしてください。

広告
広告

在宅介護の職業まとめ

家族を安心させるケアマネージャー

まずは、在宅介護に関わることの多い職業の一覧を見ていきましょう。

・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・訪問介護員(ホームヘルパー)
・医師
・訪問看護員
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

これら6つの職業が、在宅介護と関わりの深い職業となります。
続いては、各職業の詳しい仕事内容を見ていきましょう。

在宅介護の出発点!ケアマネージャー

在宅介護を開始するにあたり、一番最初に関わる職業がケアマネージャーでしょう。

その理由として、ケアマネージャーには介護計画書と呼ばれる、介護を受ける方とその家族が、より充実した生活を送るための計画書を作る役割があるためです。
なお、補足にはなりますが、介護計画書がなければ介護保険を適応することができない決まりとなっているため、ケアマネージャーが付いていない状態で介護支援の依頼をしても、全額自己負担になってしまうので注意しましょう。

介護計画書以外のケアマネージャーの役割としては、介護支援の提案、各種手続きの代行、介護保険給付の管理などがあります。

在宅介護といえばヘルパーさん

ベッド介助を行うヘルパー

在宅介護では、「ヘルパーさんが家に来てくれて、色々と介護してくれる」といったイメージを多くの方がお持ちではないでしょうか。

そのイメージ通り、在宅介護を始めると多くの方がヘルパー支援をお願いするようになります。

実際にお願いできる内容として、食事介助、トイレ介助、入浴介助、買い物同行などが挙げられます。また、ヘルパーという職業の主な役割の1つとして、家事援助があります。介護を受ける方自身で行うことが難しい掃除や洗濯を代わりに行ってくれます。

しかし、注意する点として、家事であれば何でも行ってくれるわけではないということ。家事代行を職業としているわけではないため、日頃から行わなくてもいいようなエアコン掃除や、草むしりは保険適用外となります。

もっと詳しく知りたい!という方は、介護で疲れた自分に息抜きを!在宅サービス「訪問介護」とはをご覧ください。

介護保険を適応させた医療支援

おじいさんを訪問診療する女性

続いては、介護保険を適応させた医療の支援をして頂ける職業を紹介していきます。

訪問診療(医師)

通院するのが難しい方は医師が自宅へ訪問してくれます。処方箋も出すことができますので、特別な検査が必要な場合を除いては訪問診療医が担当してくれます。

薬の管理が必要な場合は薬剤師、栄養管理が必要な場合は管理栄養士が支援に入ることもあります。

訪問看護

バイタルチェック、床ずれの処置、在宅酸素の管理、体調変化が起こり得る可能性が高い方への入浴介助、巻き爪処置、胃ろう、たん吸引などを、看護師さんが訪問して行ってくれます。

訪問看護と訪問介護の違いとは?利用者視点での違いまとめもご覧ください。

訪問リハビリ

家での移動が少しでも改善されるように、家の構造に合わせた機能訓練を提供します。

機能訓練では理学療法士、生活リハビリでは作業療法士、発声や会話の練習では言語聴覚士など、様々な専門の職業の方が役割ごとに対応してくれます。

家で専門家の指導のもとリハビリができる!訪問リハビリとは?

まとめ

在宅介護に関わる職業を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ケアマネージャーからリハビリに関わる職業の方まで、多くの専門的な知識を有する人に在宅介護は支えられていることが分かって頂けたかと思います。

また、一人ひとりに合った適正な支援を受けるためにも、介護保険サービスや各市区町村で独自に行っている制度を知ることも大切です。ケアマネージャーさんに相談するなど、自分自身も介護に対し、しっかりとした知識をつけていくことが、良い介護をするために必要となっていきます。

広告
広告
トップへ戻る