『親の介護、いつまで続くの?この状態』と思ったら。

こんにちわ!

介護士として働きながら、祖母の在宅介護もしているひろやです!

突然ですが、いつまで続くのかわからない親の在宅介護が、

ある時からすごく苦痛になっていませんか?

最初は『自分の親だから』とやる気を出していても、

育児、家事、仕事をしながら親の在宅介護に追われる生活はつらいもの。

『いつまでこの状態が続くの?』と考えている人はとても多いようです。

今回は、親の介護がいつまで続くの?と悩んだときの色々な解決策を紹介していきます!

広告
広告

在宅介護はなぜつらい?どうすれば?

在宅介護と一言でいっても、それぞれの家庭によってその状況は大きく違います。

まず始めに自分はなぜ『親の在宅介護がつらい』と感じているのかを考えてから、対策をしていきましょう。

お金の問題の場合

・年金の受給額が加入期間などによって違う。
・認定された介護度によって介護保険の支給限度額が変わってくる。

などの要因もあり、親の在宅介護をしていく上で金銭的に悩まされている方は多いです。

介護される側の年金だけで介護にかかる費用がまかなえない場合、自分達の稼いだお金から介護の費用を捻出しなくてはいけない為、

自分達の生活だけでもカツカツ・・・。という家庭の場合、いつまでかもわからない介護の出費は追い込まれる原因のひとつになります。

詳しいことは在宅介護の費用が心配!年金だけでまかなえる?ご覧頂ければと思いますが、こういった場合は、ケアマネージャーさんに経済状況を相談して、なるべく費用のかからない在宅介護の方法を一緒に考えてもらうと良いですね。

恥ずかしい事ではありません!高齢者向け給付金などの制度もありますので、相談してみて損はないかと思います!

時間の問題の場合

在宅介護に限った事ではないですが、自分の時間がほとんど無い状態がいつまでも続くのはとても苦しいですよね。

しかしながら在宅介護は1日中24時間つきっきり・・・。

『介護サービスを利用している時間帯だけが唯一の安心できる時間』と言われる方もいるほど、

自分の時間が確保できないことに悩まされている方が多いのが現状なのです。

こういった場合は訪問介護やデイサービスなどをより多く利用して、自分の時間をいつもより多く確保すると良いですね。

もちろんお金の問題との兼ね合いもあるかと思いますが・・・。

訪問介護を実際に利用してみた方の体験談も参考にしてください。

ショートステイや施設入所を考える

いつまで続くかわからない親の介護で追い込まれている方への具体的な対策としては、

・デイサービスや訪問介護など『数時間~半日』の介護サービス利用する。
・ショートステイで『数日~数十日』の介護サービスを利用する。
・施設入所で『数ヶ月~数年』の介護サービスを利用する。

といった形で、在宅介護をしなくて良い時間を作ることだと思います。

『自分の親を介護施設に入れるのはちょっと・・・。』

と言われる方は多くいますが、

いつまで続くかわからないお金の問題や時間の問題に悩まされて、
親に対して家族として温かみのある介護をしてあげれなくなってきているのであれば、
在宅介護よりも施設介護の方が、介護される親にとっては幸せなのかもしれません。

施設と言うと良いイメージを持たない方もいるかもしれませんが、
介護を安定して提供してくれるのが介護施設です。

在宅介護でいつまでも親を介護していくのが困難だとわかっているのであれば、介護施設への入所を検討するのはごく当たり前の流れ。

探し出してすぐには入所できない場合もあるので、はやめにケアマネージャーに相談しておくと良いでしょう。

もっと詳しく知りたい!という方は、在宅介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットを紹介をご覧ください。

良い在宅介護を続ける為に!

『それでもやっぱり自分の親はいつまでも在宅介護でみていきたい!

と考える方もいることでしょう!

もちろん、在宅介護は続けられるのであればとても良い事です。
いつまでも在宅介護で親を介護していく為にできることをいくつか紹介していきますね!

リフレッシュするための何かを見つける。

まずは親の介護で溜まったストレスを発散できる何かを見つけましょう!

例えばですが、

・テレビドラマや映画を観賞。
・楽器を演奏。
・編み物やアクセサリー作り。
・絵描きやイラスト作り。
・読書

などなど。自宅でできて介護の合間にできるようなものや、介護している親と一緒にできるようなものだといつでもできるので良いですね!

私の友人には、親の介護がいつまで続くかわからず、仕事を辞めるしかなくなったものの、もともと好きだった絵を描いていたらイラストレーターになっちゃった!なんて方もいるので、

ストレス発散兼在宅ワークを探してみるのもありですね!

相談相手を見つける。

『親の介護がいつまで続くのか・・・、なんて重い悩み、人に相談できないよ!』と思われるかもしれませんが、今の日本は4人に1人が高齢者の超高齢化社会

介護に関わっている人がとても多い時代なのです。

仲の良い友人に話してみたり、地域の相談窓口にストレスを打ち明けてみたり、インターネットで在宅介護のコミュ二ティを探したりして、

あなたの悩みを誰かに話してしまいましょう!一人で悩みを抱えるよりは、確実に楽になるはずです!

家族や親戚に助けを求める。

『親の介護だから』といっても、家族の中であなたの介護の負担だけがすごく多くないですか?

兄弟や親戚に介護の手伝いをしてもらえないか、話し合ってみるのもひとつの手です。

例えば
・兄には、資金で援助してもらう。
・姉には、毎週○曜日の夕食だけは作りに来てもらう。
・親戚には、隔週○曜日だけ親の介護してもらう。

など、塵も積もれば山となります!いつまでも一人で介護し続けるのは難しいです!家族なんですから、存分に助けてもらいましょう!

周囲の人にも助けてもらう。

親の在宅介護をいつまでも続けてしていくには地域の手助けが必要不可欠です!近所の人々を頼りまくりましょう!

例えば
・近所の人に『認知症で、夜に出歩く事があるから、もし見かけたら優しく声をかけて家まで案内してあげてほしい。』とお願いしておく。

・地域の相談窓口に行って、在宅介護を手助けしてくれるボランティアや集会などが無いか相談してみる。

・近所の交番などに、在宅介護をしている状態を伝えておき、何かあった時にすぐに相談に行けるようにしておく。

などなど。一人で介護をしているというプレッシャーを少しでも減らせると良いですね!

まとめ

『親の介護が辛い。いつまで続くの?』という気持ちになったのには、

お金の問題や、自分の時間が無くなくなる事で追い込まれたという背景があります。

一人で抱え込みすぎるのではなく、

ケアマネージャーに相談して介護サービスや福祉制度を最大限利用しましょう!

友人や家族、近所の人に相談して、できる限り協力を求めるようにしましょう!

親の介護は、いつまでも永遠に続くわけではありません。

しかしながら、いつまで続くのかは誰にもわかりません。

余裕を持ちながら介護をしていける状態を作り出せると良いですね。

最後まで閲覧ありがとうございました!

投稿者プロフィール

かめしめ
かめしめ
いつも閲覧ありがとうございます。

介護福祉士歴6年目。
介護の専門学校を卒業し、現役で介護施設に勤務しています。

ライター歴5年目。
主に雑記記事やまとめ記事をブログで投稿をさせて頂いています。

私の介護の知識が、在宅介護で困っている方達の助けに少しでもなれればと思います。
広告
広告
トップへ戻る