【移乗介助が辛い】移乗介助の負担を軽減する準備やグッズとは

介護をしていく中で、自分自身よりも身体の大きな男性を移乗介助する場合もあると思います。移乗介助は力づくで行うと、腰痛を引き起こしたり、身体を痛めてしまう場合があります。また、移乗介助中の転倒事故等も時折見られます。

安心できる移乗介助を行うことができるように、移乗介助で気を付けるべき事や事前準備、負担を減らすグッズなどを紹介していきます。

広告
広告

移乗介助するために環境を整える

車椅子へ男性を移乗する女性

移乗介助をするために、まずは環境を整えましょう!

移乗する物同士の高さは合っているか?

例えば、ベッドから車椅子への移乗の際であれば、ベッドと車椅子の高さを合わせることで移乗介助の負担を軽減することができます。

上下の可動式の物であれば楽に合わせることができますが、そうでない場合も、クッションなどの調整可能な物で高さをできるだけ合わせた方が良いです。

移乗する物同士の距離は遠くないか?

移乗介助では、距離も大切になってきます。

極端な例で説明すると、ベッドから車椅子への距離が1mあるのと、1cmであるのとでは、負担だけでなく、安全面でも大きく違ってきます。

移乗する物同士は無理のない範囲で近づけるようにしましょう。

危険は無いか?

例えば、車椅子の手すりの部分やベッドの落下防止の柵などは、移乗介助をする際に引っかかる危険があります。そのため、邪魔になりそうなものは事前に避けておきましょう。

また、転倒事故がおきる可能性もあります。例えば、靴下は立った際に大変滑りやすいため危険になることもあります。

滑りやすいと思う場合は、靴下を脱がしたり、滑り止め防止のシートを敷くなどの対応をしておきましょう。

さらに、車椅子のブレーキがしっかりと掛かっているか?も怠ることなく、確認してください。

安全で負担の少ない移乗介助を行うために

寄り添う高齢の夫婦

移乗介助を行うための環境をしっかりと整えた後は、実際の動作について紹介します。

介護者の持てる力を最大限に利用する

移乗介助を行う際は、介護される方の身体状態を把握する事が大切です。介護される方が、支えがあれば立つ事が出来る状態なのか、何秒程度立つ事が出来るのか、全く立つ事が出来ないのか等、状態によって介助しなければいけない量は変わってきます。

例えば、立つ事が出来る方に対して、介護する方が全てを手伝ってしまうのはベストな介助ではありません。どれ位の残存機能があるかチェックした上で、残存機能の低下を防ぐためにも、できることはやってもらうようにしましょう。

福祉用具の利用も検討する

大柄な方であったり、前から抱えると支えきれない場合等は、介護される方の後ろに回り、お尻をスライドさせるように移乗するのも有効です。そんな時、福祉用具のスライドボード等の利用を検討すると良いでしょう。

また、介助する方をしっかりと持つことができずに支える力が弱い場合は、介助する方に巻いてもらうことで、支えやすくする介助用ベルトもあります。

移乗介助に毎回危険が伴ったり、介護される方・介護する方の双方に無理がある場合、代用できる便利グッズがないか探してみましょう。

焦りは怪我のモト!焦らずゆっくり

移乗介助の際、焦って力任せに利用者を抱きかかえてしまうと、上手くいかなかったり、利用者も心地よく介助を受ける事が出来ない結果になってしまう事があります。

移乗介助のポイントは焦らずにゆっくりと行う事です。移乗介助は抱えて座らせるという動作がセットとしてイメージされますよね。

「立つ」・「方向転換」・「座る」という三つの動作をしっかりとイメージしましょう。

一つ一つの動作を焦らずにゆっくりと行えば、お互いの負担も軽減されます。動作中も声掛けをしながら、二人で息を合わせて行いましょう。

移乗介助をするタイミングと負担の少ない移乗介助方法を紹介!に具体的な方法を掲載していますので、参考にしてみてください。

まとめ

移乗介助をする場合に気を付けるべきこと、いかがでしたでしょうか。

移乗介助は一見簡単そうに見えますが、実際にやってみると負担が高く、難しさを感じると思います。

また、移乗させた後も安心してはいけません。もしかしたら、移乗後に『足が痛い』と言われ、確認すると足がぶつかって内出血ができているなんてこともあるかもしれません。

移乗介助の後は、体勢や体調、痛み等が無いかを確認することで、介護する方もされる方も、お互いが気持ちよく介護を続けられるように配慮しましょう。

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

【食事介助マニュアル】正しい食事介助の方法とは!?

在宅介護でお風呂介助!絶対に気をつけるべき注意点とは?

介護で起こる腰痛を軽減させよう!腰痛軽減グッズや介助方法まとめ

【着脱介助】かぶりの上着服と前開きの服の着脱方法を解説!

広告
広告
トップへ戻る