高齢者がノロ、インフルにかかったら?自宅でできる感染対策の方法

毎年、冬になるとノロウイルスやインフルエンザの流行が始まります。

流行の度合いはその年や地域によって異なりますが、潜伏期間が短く、感染力が強いのが特徴です。高齢者が感染すると命に関わることもあります。

普段は自宅で過ごすことが多い人も、通院やデイサービスなどで感染する危険はあります。介護にあたる人も感染に注意が必要ですね。

今回は、ノロウイルスやインフルエンザウイルスの感染から身を守るための対策、そして感染してしまった場合の対応について紹介します。

広告
広告

感染を防ぐための掃除の仕方とは?

 体調が悪いおじいさん

感染を防ぐために、ノロウイルスの人が出す嘔吐物などは、しっかりと綺麗にしておく必要があります。その方法として、環境清掃と選択の2点を紹介していきます。

環境清掃

ノロウイルスは、感染した人の嘔吐物や排泄物に大量に含まれています。

これらが乾燥して空気中に飛散したり、触った人が別の人や場所に接触することで感染は広がるため、ノロウイルスに感染した人がいたら環境清掃を行う必要があります。

清掃するときは、使い捨ての手袋、マスク、エプロンを着用します。

清掃後は、これらの表面に素手で触らないよう注意して外します。

まず手袋とエプロンを外して、石けんで手洗いを行います。それからマスクを外すことで、汚染された可能性のある手で顔を触ることを防ぎます。

外したものはまとめてビニール袋に入れて破棄しましょう。

清掃する場所は、感染した人がよく触るところです。

家の中であればドアノブや手すり、トイレの便座などですね。

ノロウイルスに効果のある環境清拭用クロスを用いて、該当する場所の拭き取りを行います。

清掃中は、顔などを触らないように注意しましょう。

洗濯

ノロウイルスに感染した人の嘔吐物や排泄物が付着している場合は、汚れを落としてから洗濯機に入れましょう。他の洗濯物とは分けて洗います

ノロウイルスに効果のある次亜塩素酸ナトリウムに浸してから、通常の方法で洗濯してください。

インフルエンザは咳やくしゃみなどの飛沫や、接触することで感染します。通常の洗濯方法で問題ありません。

介助するときに気をつけること

下痢症状があるとき

下痢症状があるときは、ノロウイルスによるものと確定していなくても感染を疑って対応する必要があります。

おむつ交換などで排泄物に触れるときは、手袋、エプロン、マスクを着用します。すべて使い捨てのものを使用し、1回ごとに交換しましょう。

片付けが終わったあとは、必ず石けんで手を洗います。

嘔吐物の処理方法

①嘔吐物に触れるときは手袋、エプロン、マスクを着用します。

②嘔吐物全体をペーパータオルで覆ったら、0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液*を除菌液としてペーパータオルの上から撒き、10分間放置します。

③嘔吐物を集めてビニール袋に入れます。周囲は除菌液とペーパータオルで拭き取ります。

④手袋、エプロンを外して手の消毒をします。消毒した手でマスクを外したら、すべてビニール袋に入れて口を縛り廃棄します。

⑤すべての処理が終わったら、石けんで手を洗います。

*0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液の作り方

6%次亜塩素酸ナトリウム20ccを水1リットルに加えます。作ってから1ヵ月程度で交換しましょう。

感染を予防するには?

アルコール消毒

手指衛生

インフルエンザウイルスには2つの感染経路があります。

咳やくしゃみなどで飛散したウイルスが呼吸器に侵入することで感染する飛沫感染と、ウイルスが付いた手で触れることで感染する接触感染です。

インフルエンザに感染した人やその周囲に触れるときは、手洗いまたはアルコール製剤を使用して手指衛生を行いましょう。

ノロウイルスは感染力が強く、感染した人の嘔吐物や排泄物に触れたり、これらが付着した環境に接触することで感染します。

感染を予防する対策としては、手指衛生が重要です。

ノロウイルスはアルコール消毒が効きにくいため、石けんでの手洗いを行いましょう。

マスクの着用

インフルエンザは、咳やくしゃみなどに含まれたウイルスが呼吸器に付着することで感染します。

外出するときや介護にあたるときは、マスクを着用し感染を予防しましょう。

インフルエンザワクチンの接種

インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザの発症をある程度抑えることができます。また、感染した場合の重症化を防ぐ効果があります。

自治体によっては、インフルエンザワクチンの接種が無料または補助の出ることがあります。

多くの人がワクチンを接種することで、地域全体として感染を減らす効果があるのです。

ただし、ワクチンを接種してもインフルエンザの発症を完全に予防することはできません。

日頃から手指衛生などの感染対策を徹底することが重要です。

タミフルの予防投与

インフルエンザに感染した人の介護にあたる人や、接触した人は感染の危険性が高くなります。

感染予防として、インフルエンザの治療薬であるタミフルの予防投与も可能です。

タミフルの予防投与は、インフルエンザに感染した人と接触してから2日以内に開始することとされています。

服用期間や費用は、医療機関によって異なる場合があります。

服用を希望する場合は、医師へ相談してみましょう。

まとめ

インフルエンザ、ノロウイルスは、感染を予防することが重要です。日頃から手指消毒や手洗いを行う習慣をつけておきましょう。

感染した人の介護にあたる場合も、対策が分かれば落ち着いて対応できます。

記事の中で紹介した消毒液や、嘔吐物の処理に必要なものなどは事前に用意ができますね。

本格的な流行の前に、準備をしておいてはいかがでしょうか。

また、高齢者に多い病気や怪我とは?予防方法も紹介!や、高齢者に多い体のむくみ。体調のサインを見逃さないで!も参考にしてみてください。

広告
広告
トップへ戻る