古希・白寿・大還暦って何歳?長寿祝いの一覧と由来まとめ

還暦や白寿など、長寿をお祝いする年はたくさんありまよね。しかし、何歳で何のお祝いをして、その由来は何なのかまで知っている方はあまり多くないと思います。

そこで、還暦から大還暦まで、様々な長寿のお祝いの呼び名と年齢、由来をまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

広告
広告

長寿祝いとは

高齢者のパーティー

長寿祝いとは、その名の通り長寿を祝うことです。

長寿祝いとは本来、数え年(生まれた年を1歳として、以降お正月を迎えるごとに加算していく)で祝うのですが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきているみたいです。

しかし、還暦だけは必ず満年齢60歳でお祝いをするようにしましょう(理由は後程説明します)

本来にならって数え年で祝うべき?それとも最近の傾向で満年齢で祝うべき?と迷ってしまいそうであれば、祝われて機嫌が悪くなる方は多くないと思いますので、両方で祝ってみてはいかがでしょうか!

長寿祝いの一覧まとめ

続いて長寿祝いにはどんな種類があるのか?種類、年齢、由来を一覧にまとめましたので、紹介していきます!

また筆者が「良く分からないな」と思った由来にについては、下の方で詳細な説明を書いてみましたので参考にしてみて下さい。

名称 満年齢 由来

還暦(かんれき)

60 60歳でちょうど生まれたときの干支に戻ることから、生まれ変わることを意味する年と言われています。

古希(こき)

70

中国の詩人、杜甫の作った詩の一部である「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」より

喜寿(きじゅ)

77 喜寿に使われている「喜」という漢字は草書体で書くと「七十七」に見えることから喜寿と呼ばれています。

傘寿(さんじゅ)

80 傘寿に使われる傘という字の略字が「八」と「十」を重ねた形に見えることから傘寿と呼ばれています。

米寿(べいじゅ)

88 米寿に使われている「米」が「八十八」に見えることから米寿と言われています。

卒寿(そつじゅ)

90 卒寿に使われている「卒」の略字が「九十」と見えることから卒寿と言われています。
白寿(はくじゅ) 99 白寿は漢字の「百」から「一」を引くと「白」になることから白寿と言われています。

紀寿(きじゅ)

100  一世紀を100年と表現することから紀寿と言われています。別名:百寿

茶寿(ちゃじゅ)

108 「茶」の字を分解して全てを足した値が108になるため
((十+十)+(八十八))※冠部分と分けて計算
皇寿(こうじゅ) 111 「皇」の字を分解して全てを足した値が111になるため(白+一+十+一)※白は百から一を引くため99となる
頑寿(がんじゅ) 119

「頑」の字を分解して全てを足した値が119になるため(二+八+百+一+八)

大還暦(だいかんれき) 120

2回目の還暦となることから、大還暦と言われています。

天寿(てんじゅ) 250

天から授かった命を全うすると言われてています。

還暦(かんれき)の由来の詳細

満年齢60歳でちょうど生まれたときの干支に戻ることから、生まれ変わることを意味する年と言われている還暦ですが、「干支は12年で1サイクルなのに、何で還暦のタイミングが生まれ変わりを意味するの?」と思うかもしれません。

実はそれは、干支は正式には十二支と十干(じっかん)を組み合わせて見るからなのです!
難しくなるのを避けるため、十干の名称一覧表を作ってみました。

名称

西暦(下1桁)

干支
辛(しん) 1 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
壬(じん) 2
癸(き) 3
甲(こう) 4
乙(おつ) 5
丙(へい) 6
丁(てい) 7
戊(ぼ) 8
己(き) 9
庚(こう) 0

例えば、2018年は下1桁が8なので十干が”戊”となります。
そして、戌年ですから、干支の正式名称としては”戊戌”となるわけですね。

例えば筆者は1991年産まれなので、”辛未”産まれとなり、2051年に再度”辛未”年がやってきて、見事、還暦を迎えるわけですね!

そのように考えてみると、意味のある大きなお祝いごとと思えますね!

古希(こき)の由来の詳細

中国の唐の時代の偉大な詩人、杜甫。

その方が作られた詩の一部である「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」より古稀が長寿の祝いになったとされています。

日本語訳としては、「酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である」とのことです。

どうやら、そこらじゅうで飲み歩き、つけで借金だらけなのだけれど、どうせ70年も生きていないから今のうちに楽しめばいいや~的な感じみたいですね。

喜寿(きじゅ)の由来の詳細

喜寿に使われている「喜」という漢字は草書体で書くと「七十七」と読めることから喜寿と呼ばれているのですが、そもそも草書体とは何か?

草書体とは、漢字の書体の一つ。

英語で言えば筆記体やブロック体。パソコンで言えば、ゴシック体やMSゴシック体などがあるように、漢字にも様々な書体があるとのこと。

その中でも草書体とは、文字ごとに決まった独特な省略法を用いることで、速く書くことに特化しているとのこと。そのため、文字ごとの形を覚えなければ書くことも読むこともできないんだとか…。

草書体の「喜」を見ることのできるサイトがありましたので、参考までに載せておきます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は満年齢ごとの長寿祝いには何があるのか、また、詳しい由来について紹介させて頂きました。

筆者は2018年4月時点で満年齢27歳。私が高齢者と呼ばれる時代には、健康寿命の範囲で天寿を迎える方が沢山増えてくれればなと思います。

また、長寿祝いの際に喜ばれるプレゼントとは?や、長生きはしたくない?幸せに長生きするためにはどうすればいい?も良ければご覧ください。

投稿者プロフィール

siki
学生時代に障害者になり
病気の治療と自立を両立するためにフリーランスとして活動をしています。
現在は、webライターをメインに
チラシ作成を中心としたイラストレーター
英語の翻訳を始めています。
広告
広告
トップへ戻る