在宅介護をしやすくするためのリフォーム

自宅で介護する場合、少しの段差が大きな障害となります。
そのため、リフォームも視野に入れることが必要になります。

バリアフリー化としては、

・段差をスロープにする(なめらかな坂)
・手すりをつける
・床に滑り止め加工する
・扉を引き戸にする
・足元灯をつけ

…などなど、バリアフリー化が必要な箇所は各家庭によって変わります。
しかし、リフォームするとなると、かなりのお金が必要になってしまうのが現実。

そこで、介護保険サービスの住宅改修費の支給を活用しましょう!
1~2割の負担で、リフォームを行うことができます(上限20万円)

次ページ:介護用品にはレンタルもあります!

前ページ:在宅介護で利用できるサービス

トップへ戻る