【何をどうする?】在宅介護におけるリフォームで必要な情報まとめ

在宅介護を行なっている方で、「介護にしにくさを感じてはいるものの、何をどうしていいのか分からない…」という方はいませんか?もしかしたら、環境に原因があるかもしれません。

そこで、どのように自宅を介護に適した環境に変えていくか、住宅リフォームの視点からお話ししたいと思います。

広告
広告

実は高齢者に厳しい日本家屋

腰を痛めるおじいさん

日本の高齢化は近年とても深刻化しており、要介護者は増加の一途を辿っています。在宅介護を選択する人も昔に比べて増えてきました。

しかし、実は日本家屋があまり介護に適した構造とは言えないことをご存知でしょうか。土足文化の無い日本は、屋外と屋内を差別化するため玄関に上がり框を設けています。そのため、足の悪い人にとっては自宅に入ること自体が一つのバリアになります。また、和式トイレは「しゃがむ・立つ」といった負担のかかる動作が必要になりますし、部屋と部屋の間にある段差や敷居は転倒の原因となりうるものです。

最近でこそバリアフリー住宅が一般的になってきていますが、昔ながらの家で何とか生活をしている、という高齢者もまだまだ多いのです。

在宅介護は『人による介護力』だけではなく『環境による介護力』も大事

介護生活を安全に送るためには、介護者の能力やマンパワーといった『人による介護力』は当然大事になりますが、設備の充実など『環境による介護力』も重要です。

介護施設を思い浮かべてもらうと分かると思うのですが、介護をする場所には、それに適した環境があるのです。立ち上がりが必要な場所には手すりがあったり、車椅子が通る場所は車輪の動かしやすい床になっていたり、といった具合です。こうした環境を自宅にも用意できれば、介護をする側・される側双方の体の負担を減らすことができ、より安全な生活が可能になります。

在宅介護をスムーズにする環境とは?

手すりを持つおばあさん

では、具体的にどのように住宅をリフォームすれば介護がしやすくなるのでしょうか。在宅介護でよくあるリフォーム例を紹介したいと思います。

①手すりを設置する

手すりがあると、足の力だけでなく手の力を利用して立ち上がることができ、離臀がスムーズになります。具体的な手すりの設置場所としては、玄関、トイレ、浴室などが一般的です。

上がり框は15〜20cm程度ある場合が多く(昔の家だと30cm程度のところも)、縦手すりを1本つけておくと便利です。トイレでは横の壁にL字型手すりをつけておくことで、『立ち上がり時には縦部分を握る・座る時には横部分を握る』と使い分けることが出来ます。浴室では、浴槽横に縦やL字型手すりをつけると、浴槽を跨ぐ時にバランスを取りやすく重宝します。

②段差解消工事をする

部屋の敷居が高く、廊下が1段低くなっているような家は、移動するたびに段差昇降が必要となります。つま先が引っかかって転倒の危険がありますし、車椅子を利用する方は車輪が前へ進まなくなり不自由です。そのため、段差の低い部分を高い部分に合わせて底上げし、フラットにする工事を行います。これにより移動をスムーズにすることが出来ます。

③スロープ化工事をする

主に外玄関で行うことが多いです。車椅子を利用する方の場合、階段があると外出がしにくくなってしまいますよね。階段を緩やかな坂道に作り変えることで、車椅子での移動が可能になります。大がかりな工事になりますが、安全に外出介助をすることができ、閉じこもり防止にも効果があります。

④戸の種類を変更する

開き戸で、特に手前に引っ張るような戸の場合、部屋に入るために数歩後ずさる必要があります。後ろ向きに歩くのは難しく、転倒リスクが高まり危険です。それに、戸そのもののスペースにより廊下の通路幅も狭まりますから、あまり介護に優しい構造とは言えませんよね。引き戸(横にガラガラとスライドさせるような戸)や、アコーディオンカーテンに変えると、無理な姿勢を取る必要が無くなり、安全性が高まります。移動する時の間口も広く取れますね。

⑤和式便器を洋式便器に取り替える

和式便器は、立ちしゃがみ動作をしなければならず、高齢者にとって負担が大きい動作の一つです。膝が痛い方だと、その動作を繰り返すことで更に痛みを強めてしまう可能性もあるでしょう。和式便器を洋式便器に取り替えることで、少ない力で立ち上がることができるようになります。

⑥床材を変更する

日本家屋は畳の家も多いですよね。畳は車椅子を動かしにくく、汚染があったときの掃除もしにくくて、あまり介護には適していません。そのため、ビニール素材の床材やフローリングに変更することで、移動や掃除を楽にすることができます。

以上は介護保険内で対応可能な例です。介護保険適応外のケースは、それぞれのリフォーム会社に相談してみてくださいね。

住宅リフォームを効率的に行うにはどうしたらいい?

疑問を浮かべるおばあさん

自分でリフォーム業者に相談するのも一つの手ですが、もし介護認定が降りているのであれば、住宅リフォーム費の援助を受けて施工することができます。20万円の枠があり、1〜2割負担で施工が可能なので、担当ケアマネージャーに相談してみましょう。

また、リハビリを受けている方であれば、担当の理学療法士や作業療法士にも相談することをオススメします。ついつい急いで自己流にリフォームをしてしまう方もいるのですが、「逆に動きにくくなった」という声もよく聞かれます。体の状況をよく知る専門家に事前相談が出来ると、失敗が無く適切なリフォームができるはずです。

住宅リフォームで対応できない場合はどうする?

家の構造によっては、想定していたリフォームが施工不可能な場合もあります。例えば、「手すりの工事をしようと思っていたけど壁の強度が弱すぎて出来ない」とか、「階段をスロープに変えようと思ったけど、スペースが狭く、急勾配すぎて難しい」などのケースです。

この場合、福祉用具に頼ったり、人の力を借りたりした方がうまくいくこともあります。先ほどの例であれば、手すりを取り付けられない代わりにタッチアップという置き型手すりを配置する案が挙げられます。工事不要でどこでも置くことが出来るので、非常に便利です。

また、スロープ化工事が出来ないのなら、複数人の介助者で車椅子ごと持ち上げてもらった方が案外手っ取り早いこともあります。この辺りはケースバイケースなので、担当のケアマネージャー等とよく相談してみてくださいね。

リフォームで意外と盲点になる『同居者の視点』

ついつい要介護者のみの目線でリフォームを進めてしまいがちですが、一緒に暮らす同居家族のことも忘れてはいけません。本人にとって使いやすくても、他の家族にとっては受け入れられないこともあります。

現在はユニバーサルデザインと呼ばれる、老若男女問わず、皆が使いやすいように設計された物も存在しますが、リフォームを始めてしまってから「こんなはずではなかった」という状況を招かないよう、リフォームの前に必ず家族間で話す機会を設けるようにしましょう。
(ユニバーサルデザインについては、ユニバーサルデザインってなに?在宅介護で役立つものもご紹介!で詳細を説明しています)

また、実際にリフォームした方が良かったこと・困ったことを紹介している記事も、良ければ参考にしてみてください。

以上、介護に関する住宅リフォームの概要と、進める上での注意点についてまとめてみました。在宅介護を行う上で「やりにくさ」を感じたら、一度環境についても振り返ってみましょう。家は本人にとっても家族にとっても生活の舞台であり大事な宝物です。誰もが暮らしやすく、笑顔でいられる空間を確保できるようにしたいものですね。

広告
広告
トップへ戻る