介護度の決定

申請から約1か月程度で{ 要介護(1~5)・要支援(1~2)・非該当 }のいずれかの、
介護度認定の通知が届きます。

要介護・要支援・非該当によって、その後の対応は変わってきます。
それぞれのページで詳細に説明しますが、おおざっぱにまとめると、

要介護の認定
⇒在宅系サービスまたは施設系サービスを選択し、
ケアマネージャー(居宅介護支援事業所)へ連絡

要支援の認定
⇒在宅系サービスまたは施設系サービスを選択し、
地域包括支援センターへ連絡

非該当の認定
⇒地域包括支援センターへ連絡

といった対応を行うことになります。

次ページ:要介護と認定された場合の対応

     要支援と認定された場合の対応

     非該当と認定された場合の対応

前ページ:認定調査員の訪問

トップへ戻る