認知症の方の排泄介助をスムーズに行うための方法とは!

認知症を患っている方の排泄介助を難しく感じたことはないでしょうか。

トイレへ行くように声掛けしても「今行きたくない」と拒否されてしまうことも・・・。
ここでは、声掛けのタイミングや声の掛け方など、認知症の方の排泄介助をスムーズに行うための方法を紹介します。

広告
広告

トイレのタイミングを見計らう

トイレに駆け込むおばあさん

認知症の方は尿意を感じても「トイレに行きたい」と、言葉に出しにくい場合があります。また、トイレに行きたくてもどうすれば良いのか分からず失敗してしまう場合もあります。

そこで、介助する方は認知症の方の様子をしっかりと観察し、タイミングを見計らってトイレへ誘導することが重要になります。

「タイミングを見つけるって何?」と難しく思うかも知れませんが、何かサインがあるはずです。例えば、そわそわしたり、きょろきょろと何かを探している様子であったり、歩きまわったり、陰部を触る方もいるかも知れません。サインは人によって違うと思いますが、普段と少し様子がおかしいなと思う部分を見逃さないようにしましょう。

自然な流れでトイレへ誘導する

排泄のタイミングが感じられたら、上手にトイレ誘導しましょう。

しかし、「トイレに行きましょう」と声を掛けて、応じてくれる場合と、応じてくれない場合があるかと思います。応じてくれ無い場合は、時間を置いてから再度声掛けをしたり、別の用事で立ち上がった際に「トイレだけ済ましておきましょうか」など、自然な流れでトイレへ誘導できるようにしましょう。

言葉でのコミュニケーションが難しい場合は、表情がとても大切になってきます。上手く誘導ができないからといって、怒りの感情を表に出すのは厳禁。相手に安心感を与えるためにも、優しい表情を心がけましょう。

トイレに行きやすい環境を整える

お手洗いのマーク

認知症の方の中には、日にちや場所が分からなくなる「見当識障害」の方がおられます。そのような方は、トイレの場所が分からず、探している間に失敗してしまったり、トイレとは違う場所で排泄してしまうこともあります。そこで、トイレの場所をわかり易くする工夫が必要になります。

トイレだと分かる表現にする

ほとんどのお家が、トイレ以外にも複数の似たような扉があると思います。そのため、どの扉がトイレに繋がっているのか、分からなくなってしまうこともあるのです。
そこで、トイレの扉に見やすいように「トイレ」などの張り紙をしておくことで、トイレに繋がる扉が分からなくなることを予防できます。

また、「トイレ」ではなく、「お手洗い」や「洗面所」など、認知症の方が理解しやすい言葉に合わせる工夫も実施した方が良いです。

トイレの場所を鮮明にする

例えば、夜間も分かりやすくするように、トイレまでの廊下の電気は付けたままにしておいたり、トイレまでの道順を壁に貼っておくことで、トイレまでの場所が分からなくなることを予防することができます。

まとめ

認知症の方の排泄介助をスムーズに行うための方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

紹介した方法以外にも、人や環境によって工夫の仕方は様々。思いやりのある様々な方法を試し、取り入れていってみてください!

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

認知症を遅らせれる?もの忘れ外来や認知症専門外来とは

【認知症サポーターとは!?】認知症を知って支えよう!

認知症によってどう変わる?認知症の中核症状と周辺症状とは?

【介護の悩み】認知症の母が嫌い!そんな風に感じたら・・・。

広告
広告
トップへ戻る