認知症を遅らせれる?もの忘れ外来や認知症専門外来とは

「平成29年版 高齢社会白書」(内閣府,2017年)によると、認知症高齢者の数は462万人で、2025年には730万人になるだろうと推測されています。

65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になるとの推計があるほどです。もはや、認知症の問題は一種の社会問題として捉える必要があります。

皆さんは、もし自分の家族に認知症の恐れがあるとしたら、最初にどう対応すれば良いか、病院に連れて行く場合には、どんな診療科に行けば良いか知っていますか?

この記事では、「もの忘れ外来」と呼ばれる専門科にはどういった特徴があるのか?を紹介していきます。

広告
広告

もの忘れ外来とは?

もの忘れは脳の病気で、お年寄りの病気ですので、精神科や神経内科、脳外科などの脳の病気に関連した診療科や老年科を標榜する外来を尋ねる家族が多いようです。

中略

「もの忘れ外来」を担当する医師の多くは、日本老年精神医学会や日本認知症学会で専門医資格を修得した医師ですので、その診療能力は水準以上と考えてよいと思います。

参考:認知症ねっと

もの忘れ外来とは、もの忘れに対して、老化現象から起きているものなのか、はたまた、認知症などの病気によるものなのかを判断したうえで治療してくれる、もの忘れの専門科となります。

「最近、物忘れが多くなった」と不安になっている方はもちろんのこと、家族や周りの方が「認知症なのでは?」と思っても、本人が病院に行くことを拒否している場合でも、受診しやすい名称になっているかと思います。

もの忘れ外来の診療内容とは?

もの忘れ外来によって書かれている内容は異なってきますが、以下の内容を聞かれることもありますので、受診される際にこたえられるよう、準備しておくことをお勧めします。

・現病歴(現在罹患している疾病など)
・既往歴(これまでにかかったことのある病気や手術など)
・生活習慣
・家族の既往歴

もの忘れ外来はどこにある?

公益社団法人 認知症の人と家族会のホームページには、全国にあるもの忘れ外来(認知症外来等も含む)の一覧を見ることができます。

北海道から沖縄まで、もの忘れ外来は数多くありますので、物忘れが心配になってきた方は、お近くのもの忘れ外来に行ってみてはいかがでしょうか。

なお、リンク先のもの忘れ外来の一覧は、認知症の人と家族会が推奨しているわけではないため、受診を考えている方は、個別で情報収集を行い、受診する目的が達成されるかを判断するようにしてください。

まとめ

「最近、物忘れが多くて・・・」

その物忘れ、もしかしたら認知症の始まりかもしれません。

深刻な事態を防ぐためには、普段から料理や運動、オセロなどで脳に刺激を与える行動をしたり、不安がある場合には早期に専門家にみてもらうことが重要です。とりあえず受診してみて、「問題有り」と判断されれば早期に対策できますし、「問題無し」と判断されれば一安心することができます。

不安がある場合には、とりあえずもの忘れ外来を受診してみてはいかがでしょうか。

認知症を予防する方法を詳しくまとめた記事「健康的な毎日を過ごそう!認知症を予防する3つの方法とは」も参考にしてみてください。また、認知症サポーターについてまとめた記事もあるため、ご興味があればご覧ください。

広告
広告
トップへ戻る