【介護士必見】高齢者を不安にさせない車椅子の押し方とは?

突然ですがあなたは車椅子をおすとき、高齢者を不安にさせない押し方を意識していますか!?

介護をして高齢者に関わっていると、車椅子を押す機会はとても多いですよね。

いつも何気なく押している車椅子ですが、車椅子を押す際には注意点がいくつもあり、安心してのってもらうためにはしっかりとした車椅子の知識が必要です。

ここでは正しい車椅子の押し方、不安にさせない車椅子の押し方などを紹介していきます。

広告
広告

正しい車椅子の押し方

おじいさんを乗せた車椅子を押す女性

普段から介護に関わっている人であればわかりきったことかもしれませんが、これから介護をすることになる方のために、車椅子の基本的な操作方法も紹介しておきます!

車椅子の操作は、難しいものではありません。

特殊な機能がある車椅子もありますが、今回は一般的な車椅子の操作方法をお伝えします。

車椅子だけの場合

・ブレーキをはずした状態で押せば車椅子は進みます。
・止まっていてほしい時はブレーキをかける。

当たり前の事ですが、これだけです。

高齢者が乗っている場合

・足がフットレストにのっているか確認しましょう。
・腕がタイヤに巻き込まれる位置にないか確認しましょう。
・座りが浅くないか確認しましょう

足がフットレストにのっていない状態で押すと足だけが進まず、タイヤに巻き込まれて怪我をしてしまったり、足にひっぱられて体が前に落ちてしまいます。

腕がタイヤに擦れてしまうような位置にあると、気付かない間に皮膚がめくれてきて出血しているなんて事も。高齢者自身の太ももに手を置いてもらうようにしましょう。

座りが浅いとその時は大丈夫でも、車椅子が進んでいる時の振動で段々とずり落ちていってしまうのです。しかも、車椅子を後ろから押している時は、ずり落ちてしまうまで気が付かない事も多く、座ってもらった時に深く座ってもらう必要があります!

坂道の場合

坂道を通る際は、今まで以上に注意が必要です!
というのも、高齢者が乗っている状態の車椅子というのは、平面だとたいして気にならないですが、実はとても重たいのです。

ベテランの介護士でも、坂道の上り下りにはかなりの気配りと力を使っています。

上り坂の場合

絶対に力を抜かないように注意しましょう!
自転車が猛スピードで坂を下っていく所を見た事はありませんか?
同じ状態になってしまいます。
その状態になった場合、自力で止まれる高齢者は少ないでしょう。

下り坂の場合

下り坂の場合は、後ろ向きに進みながらで下りましょう。
急な下り坂などで前向きで進んでしまうと、高齢者は車椅子から前に倒れるように落ちてしまいます。

スピードが出過ぎないよう、手元のブレーキも活用しながら、ゆっくりと進むようにしましょう。コントロールできなくなったら本当に危険なので・・・。

その他に、坂道を走行した後はお尻が動いてしまい、座位が不安定な状態になってしまう場合もありますので、きちんと座り直してから再び走行するようにしましょう。

安心して車椅子に乗ってもらうために

誰も載っていない車椅子

ここでは車椅子に乗る高齢者が感じるいくつかの不安要素と、

安心できる車椅子の介助方法を紹介していきます。

段差に気を付けましょう

外で車椅子を使う場合は、室内のように滑らかな地面ばかりではありません。

走行中に段差に引っかかることもしばしば。

そんな時、車椅子に乗っている高齢者は勢い余って地面に投げ出される不安でいっぱいになります。

小さな段差にも十分に注意を払いながら、段差を乗り越えなければならない場合は「段を上がりますよ。少し揺れます」などの声かけをし、ゆっくりと段を上がるようにしましょう。

車椅子に座っていると少しの凹凸でも、押している介護士が感じる以上に衝撃を感じます。自分が思う以上に優しい操作を心がけましょう。

速さに気を付けましょう

人が普通に歩く速さで車椅子を押していても、押されている側はとても早く感じています。

実際に乗ってみるとよくわかりますが、車椅子の前方はかなり無防備な状態です。シートベルトのような安全策も、エアバックのような衝撃を緩和してくれる物もありません。

落ちたらザラザラの地面に体が叩きつけられると思ったら、恐怖も大きくなります。

又、全く知らない人に押してもらうのと、良く知っている人に押してもらうのとでは、不安や恐怖心の大きさも違います。

事前にコミュニケーションをとり、安心できる関係作りをしましょう。又、走行中も、本人に速さが適切か確認をしたり、時折表情を確認しながら介助を行いましょう。

定期的な車椅子の点検も忘れずに!

車椅子を押している最中に車椅子がうまく動かなくなったり壊れたりしてしまうと、乗っている高齢者を安定した場所に一旦移乗介助してから、その場で修理せざるを得ない状態になってしまいます。
車椅子の押し方を意識するどころの話じゃないですよね・・・。

というわけで普段から定期的に車椅子の点検をしておくようにしましょう!

車椅子の点検ポイント

車椅子の点検でチェックするポイントは以下の通り

・サイドガードなどに変形やひび割れはないか
・介助用ブレーキは正しく作動して停止するか、調整が適切かどうか
・グリップはしっかり固定されて緩みがないか
・ブレーキのレバーはゆるくはずれ易くないか、ブレーキがきいているか
・タイヤには空気が適切に入っているか(個体差はあるがタイヤを上から押した時に若干へこむ程度)
・フットレストはしっかりと固定できるか、高さは適切か、破損はないか等
・車輪やネジはさびて動かなくなっていないか
・自分で乗って車椅子をこいでみて、おかしな点がないか

これらは高齢者が車椅子に乗る前に毎回チェックしておき、怪我無く安全に車椅子を使用してもらいましょう!

あとは高齢者が乗ると想定した時に必要となるものを用意しておけば完璧です!
(例えば、座位を保つのが大変な方には車椅子用クッションをつけたり、片足が無い方にはフットレストを片方はずしておいたり、など)

実際に体験してみるとよくわかる

車椅子を体験する男の子

介護士としての車椅子の操作方法の授業などでよく取り入れられているのが、実際に車椅子に乗って体験をしてみるというもの。

正しい車椅子の介助のポイントを頭で理解していても、実際に自分が車椅子に乗って正しい介助を受けてみると、想像していたよりも怖かったと感じる方は多くいます。

車椅子を押すという事は簡単なように感じるかも知れませんが、乗る人が安心して心地よく感じる事が出来る介助というのは案外難しいものです。

安心して身を任せてもらえるようになるためにも、車椅子に乗っている高齢者の感覚を実際に体験して、気持ちを理解してみてはいかがでしょうか。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

家族だけで介護は出来る?抑えるべき確認のポイントを紹介!

介護実習生が食事介助でよく注意されることって!?

在宅介護でお風呂介助!絶対に気をつけるべき注意点とは?

在宅介護で眠れない!?そんな睡眠不足への対策は?

広告
広告
トップへ戻る